<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

May.29.2009"沈む街"

Hint! Next /Prev.をクリックすると、スライドショー風に閲覧できます
HomePhoto diary ( Next /Prev.)|Links about us. eMail !!chipsSerch photographers BlogMURA
c0133676_2313160.jpg

句:しづみゆく街の光 ほの白く
※お読み下さい:掲載写真の版権・肖像権・著作権について

--

撮影メモ:

女房のモニタが新しくなった。地デジ共用の、20型である。
こっち(iMac 12.1インチ)で見るのとひどく違う…ってか、ぶっちゃけ「荒い」んだ。
写真も、三回ほど差し替えたが、結局「取って出し」が一番奇麗に見えた…
カメラをグレードアップして、そこそこ満足は至ていたものの、やはり紙焼きには適わない…

--

Date : May. 26. 2009
Location : 群馬県吾妻郡長野原町川原湯温泉
Photographer : myu.kurosawa
Title : "王湯"

Lens/Camera : TAMRON 28-300 XR Di / EOS 20D

Exposure : Av = 9.3, Tv = 20 sec., ISO = 100(Shutter priority)
Focus = 65 mm(35mm換算:104 mm※APS-Cフォーマットによる)
Electronic Flash : none.
Filter : None

HomePhoto diary ( Next /Prev.)|Links about us. eMail !!chipsSerch photographers BlogMURA
[PR]
by myu_image | 2009-05-29 22:43 | Photo diary

May.15.2009"美美(Mei-mei)"

Hint!Next/Prev.をクリックすると、スライドショー風に閲覧できます
HomePhoto diary (Next/Prev.)|Links about us. eMail !!chipsSerch photographers BlogMURA
c0133676_19261962.jpg

句:とうちゃんっ と爪立てながら寝そうな子

※お読み下さい:掲載写真の版権・肖像権・著作権について

--

撮影メモ:

好調ってのと少し違う。自分がイメージしたモノが撮れないのではなく、
予想もしないような絵が撮れてしまう違和感…と言ったら贅沢だろうか?
写真は我が家の三女・美美、美美と書いて「メイメイ」と読ませる。
美しいと書くだけでは足りずに、二度重ねて書くほど美しい、という親の欲目だが、
早くに亡くなってしまった次女の同胎であり、次女の「命(メイ)を継ぐ者」と
いう意味も持っている。

それにしても、開放値3.5のレンズで、室内の子をどう撮ろうかと案じていたが、
案ずるより産むは易し。ISO 1600でこんなに奇麗に仕上がるとは思ってもみなかった。
これが5年前に発売された機種だというが、前後して発売された他の機種に比べる
と、格段の差がある。いわゆるマイナーチェンジの過渡期に産まれた名機?の一
つのようだが、使ってみた感じでは、とんでもない異端児を拾った思いである。

--

Date : May. 15. 2009
Location : Home.
Photographer : myu.kurosawa
Title : "美美"

Lens/Camera : TAMRON 28-300 XR Di / EOS 20D

Exposure : Av = 5.6, Tv = 1/60 sec., ISO = 1600(Shutter priority)
Focus = 109 mm(35mm換算:174 mm※APS-Cフォーマットによる)
Electronic Flash : none.
Filter : None

HomePhoto diary (Next/Prev.)|Links about us. eMail !!chipsSerch photographers BlogMURA
[PR]
by myu_image | 2009-05-15 19:43 | Photo diary

May.14.2009"ゼニアオイ"

Hint!Next/Prev.をクリックすると、スライドショー風に閲覧できます
HomePhoto diary (Next/Prev.)|Links about us. eMail !!chipsSerch photographers BlogMURA
c0133676_2251931.jpg

句:ゼニアオイといふ タチアオイと嘘をつく
※お読み下さい:掲載写真の版権・肖像権・著作権について

--

撮影メモ:

不本意ながら、買っちまった。EOS 20D そして、28-300/TAMRON
FZ-20は、正直言ってストレスが溜まりまくっていた。
確かに、好い絵は撮れる。だが、自分が表現したいものが違うんだ…

写真は、テスト撮影中の一枚。久々の一眼レフに五里霧中で、EXIFを開いてみれば、
ISO 800なんて、とんでもない感度で撮っていたのだが、そこそこ絵になっているようだ。

画素数は800万画素だが、APS-Cのそれはフルサイズで言えば、2000万画素以上に
相当する。無論、伸ばせばフルサイズの1000万画素には適わないが、2Lサイズ
程度なら充分互角の勝負が挑めるだろう。さらに秒間5コマは想像以上に凄い。
全く身に覚えのない絵(爆)が撮れたりする^^;

また、28-300/TAMRONに関しては…正直、あまり期待はしていなかったが、
開放値3.5とは思えない、好いボケ味である。安易にコンデジの感覚で寄ると、
ピン合わせに苦労する。以前「サンニッパなんて、作品造るレンズじゃないよ。
ロケハン用ならともかくね…」なんて知ったかぶりを披露していたが、今日の絵
だけを見ても、安かろう悪かろうとは言えない。脱帽である…

このパフォーマンスが、中古とは言え、5万円以下で手に入ったのだから、笑い
が止まらない。もちろんフルサイズの2400万画素やら、EF 28-300L ISは魅力
だが、そもそもフルサイズなんて言ったって、所詮は135(24 x 36mm)
フォーマット。ブローニサイズ(61.5 x 83.0mm)の1/6程度である。そんな
モノに100万円使うくらいなら、ローライフレックスが、何台も買えてしまう
じゃないか^^

ここまで、FZ-2、FZ-20と、Lumixシリーズのコンパクトで頑張ってきた。
その歴史が無駄とは言わない。好いカメラは、好い絵造りを容易にする…それだけの事なのだ。

--

分類:植物界/被子植物門/双子葉植物綱/アオイ目/アオイ科/ゼニアオイ属
学名:Malva sylvestris L.
和名:ゼニアオイ
※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、四季の山野草

Date : May. 14. 2009
Location : Local.
Photographer : myu.kurosawa
Title : "タチアオイ"

Lens/Camera : TAMRON 28-300 XR Di / EOS 20D

Exposure : Av = 5.7, Tv = 1/250 sec., ISO = 800(Shutter priority)
Focus = 300 mm(35mm換算:480 mm※APS-Cフォーマットによる)
Electronic Flash : none.
Filter : None

HomePhoto diary (Next/Prev.)|Links about us. eMail !!chipsSerch photographers BlogMURA
[PR]
by myu_image | 2009-05-14 22:09 | Photo diary